車を安心安全に乗るために必要なオイル交換!知っておくべき基本的な知識について紹介

オイル交換はエンジン内の状態を適切に保つために必要であり、各種シャフト類やクランクやピストンを保護する働きがあります。
潤滑と冷却が主な役割ですが、防錆やスラッジ防止などの役割があることも特徴です。
交換頻度は推奨されている目安があり、5000キロメートルから7000キロメートルの走行距離か、交換後に10カ月程度経過したら交換時期になります。
厳密にはオイルゲージで中の状態をチェックしてからの判断ですが、目安通りに交換しておけば安心安全です。

車を安心安全に乗るために必要なオイル交換!知っておくべき基本的な知識について紹介

オイル交換はエンジンの寿命を左右する基本整備になります。
金属同士が回転する精密部品の集合体であるエンジン内部を、潤滑して冷却するのに大きな役割を担っているのです。
高温になるエンジン内部ではオイルが酸化したり劣化しますので、定期的な交換が必要になります。
車のオイル交換はスポーツカーなどの高回転型のエンジンは、3000キロから5000キロ程度の走行距離で交換するのが目安です。
一般的な乗用車は5000キロから8000キロ程度の範囲で交換時期になります。
エンジン内部を適切に保つためにはオイルが重要で、劣化してくると規定の粘度を保てなくなりますので、安心安全のために早めの交換が推奨されております。

車にオイル交換が必要な理由とは?

オイルは潤滑目的に使われると同時に、金属のスラッジが噛み込んだりしないように予防する目的もあります。
金属同士が擦れて温度が上がることも防ぎますし、冷却効果もあるのです。
さらに金属が腐食したり錆びることを防止したり、洗浄効果も期待されています。
部品交換や油脂類の交換は壊れる前に早めに行うことが肝要なので、エンジンオイル交換も走行距離に応じて早めに行うことでエンジン寿命を延ばしてくれる結果になるのです。
混入した金属スラッジが排出されますし、劣化したオイルから適切でフレッシュな粘度のオイルになることで、各部品がしっかり潤滑オイルアップされることになります。
オイル交換は車種によってグレードや粘度の推奨値が異なり、性能が高くなるほど高性能なモデルが推奨されるのです。
特に高回転型のエンジンは、ピストンの焼き付きを防止する意味でも適切なモデルを選ぶことが大切になります。
製造から歳月が経過した旧車も、オイル管理が重要です。
オイル交換をする理由は全て、エンジンの性能を維持して耐用年数をアップさせることが目的です。

長い間オイル交換をしないと車が壊れるおそれがある

車に使われているオイルは、定期的に交換することが求められています。
しかしそれに従わずにオイル交換をしないでいると、エンジンが壊れてしまうおそれがあります。
もし壊れるとエンジン本体の修理にかかる費用はかなりのものになるため、大きなトラブルを防ぐためにもしっかりとオイル交換はするようにしてください。
ではオイル交換しないとなぜエンジンが壊れてしまうのでしょうか。
それはエンジン内部にたまっている汚れを取り除くことが出来なくなってしまうからです。
部品同士が擦れあってできるスラッジと呼ばれるものは、正常な動作を阻害してしまいます。
次第に音や振動が大きくなり、加速にも時間がかかるようになってくるため、そのような際に気付いた時には早めに交換しましょう。
オイルが古くなってしまうと、冷却効果も低下してしまうため、最悪の場合にはエンジンを焼きつかせてしまうおそれがあります。
内部で発生する熱を抑えられなくなるため、パーツ同士が癒着して動かなくなる可能性があり危険です。

車のオイル交換が必要になる時期とは?

エンジンオイルは劣化する前に交換するのが大切ですが、一番確実なのは実際のオイルを窓からチェックすることです。
オイルゲージと呼ばれる場所からチェックが行えますので、粘度が低くなったり変色などが見られたら要交換になります。
さらに目安がありオートバイなら3000キロか半年間、そのどちらかの到達が早い方が交換時期です。
車ならば5000キロから約10か月程度を目安とします。
その根拠はエンジンの回転数であり、高回転型のバイクは車よりもエンジンオイルが劣化するスピードが早いからという理由になります。
あくまでも目安なので、高回転型のモデルなどは通常よりも早い交換が推奨されているのです。
レベルゲージの確認や走行距離や年月だけではなく、検査点検などの時期にはオイル交換をしておくこともいいかもしれません。
基本工賃にオイル交換は含まれていれば、油脂類の料金だけで済む場合もあるからです。
エンジン寿命に直接かかわるパーツになりますので、汚れる前に早め早めに交換するのがベストです。

オイル交換に必要なオイルの量は車によって異なる

オイル交換に必要なオイルの量は、どの車でも同じというわけではありません。
搭載されているエンジンの型式によってその量は変わってきますから、事前に調べた上で最適な量を用意するようにしましょう。
オイル交換に必要な量は、取扱説明書を見ると知ることができます。
もし持っていない場合でも、メーカーのホームページを確認すれば情報が掲載されているので安心です。
メーカーや車種によって必要なオイルの量はまちまちですが、一般的には軽カーであれば3リットル、普通のタイプであれば4リットル、排気量がそれ以上となると5リットル程度と考えておくと良いでしょう。
正確な値はメーカー公開されている数値を見るのが一番です。
なぜこのようにオイル量が違ってくるのかと言うと、エンジンの大きさで決まってくるからです。
軽は小さなエンジンで排気量も少ないため、少ない量のオイルで問題ありません。
一方で排気量の多い大型のものともなると、エンジン本体も大きく、十分に潤滑させるためにもかなりの量が必要となるというわけです。

オイル交換,車に関する情報サイト
オイル交換の基礎知識

オイル交換はエンジン内の状態を適切に保つために必要であり、各種シャフト類やクランクやピストンを保護する働きがあります。潤滑と冷却が主な役割ですが、防錆やスラッジ防止などの役割があることも特徴です。 交換頻度は推奨されている目安があり、5000キロメートルから7000キロメートルの走行距離か、交換後に10カ月程度経過したら交換時期になります。厳密にはオイルゲージで中の状態をチェックしてからの判断ですが、目安通りに交換しておけば安心安全です。

Search